宮城のニュース

車内で酒飲んで運転 石巻市職員を容疑で逮捕

 宮城県警高速隊は16日、酒気帯び運転の疑いで、宮城県石巻市中央3丁目、石巻市総務部付副参事の粟野浩一容疑者(52)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は16日午後8時50分ごろ、仙台市若林区今泉の仙台南部道路今泉インターチェンジ(IC)料金所出口で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転した疑い。
 高速隊によると、仙台東部道路仙台東IC−仙台若林ジャンクション(JCT)間で、北海道岩見沢市の40代男性運転手のトラックに追突。今泉ICを降りる際に男性が110番し、飲酒運転が発覚した。
 粟野容疑者は「温泉へ向かう途中だった。車内で酒を飲んだ」と話しているという。
 石巻市の亀山紘市長は17日、石巻市役所で記者会見し「おととし繰り返された職員の飲酒運転を受け、全職員が一丸となって撲滅に取り組む中、このような不祥事は誠に遺憾。心からおわびし、全職員の綱紀粛正に襟を正す」と謝罪した。


関連ページ: 宮城 社会

2017年02月17日金曜日


先頭に戻る