秋田のニュース

<秋田知事選>前知事の寺田氏 出馬表明

寺田 典城氏

 前秋田県知事で参院議員を務めた寺田典城氏(76)は16日、秋田県庁で記者会見し、任期満了に伴う知事選(3月23日告示、4月9日投開票)に無所属で立候補すると正式に表明した。
 知事選には、現職の佐竹敬久氏(69)が3選に向け立候補の意思を明らかにしており、2009年以来、8年ぶりの選挙戦となる見通し。現職対前知事という異例の構図となる。
 寺田氏は立候補を決めた理由を「佐竹県政の在り方に我慢できないし、無競争(無投票)は良くない。県民に選択肢を持ってもらいたい」と述べた。
 3月に公約を発表する考えを示し、県が秋田市と連携して進める新文化施設計画の白紙撤回を盛り込む方針。寺田氏は「県民が参加できる議論をすべきだ。(計画の)意思形成過程を含め、徹底した情報公開を行う」などと訴えた。
 寺田氏は大仙市出身、早大法学部卒。横手市長を経て、1997年の知事選で佐竹氏を破って初当選し、09年まで3期務めた。10年の参院選比例代表に旧みんなの党から立候補して当選、1期務めた。
 知事選を巡っては、民進、共産両党が独自候補の擁立を検討している。


関連ページ: 秋田 政治・行政

2017年02月17日金曜日


先頭に戻る