福島のニュース

<福島第1>ロボ 原子炉直下に到達できず

格納容器からの回収を断念したサソリ型の自走式ロボット(国際廃炉研究開発機構提供)

 東京電力は16日、福島第1原発2号機に自走式のサソリ型ロボットを投入し、原子炉格納容器の内部調査を行った。ロボットは核燃料が溶け落ちた可能性がある原子炉圧力容器直下の作業用足場に到達できず、溶融燃料(燃料デブリ)は確認できなかった。
 ロボットは同日朝、格納容器の貫通部から投入された。圧力容器下部に延びるレール上を走行。内部を撮影しながら、空間線量や温度を計測した。事前調査で毎時650シーベルトの空間線量が推定された地点で実測した線量は毎時210シーベルトだった。
 事前調査のロボットで除去できなかった堆積物を乗り越え前進を試みたが、やや進んだ地点で走行用ベルトの片方に不具合が発生。レールの端までたどり着けなかった。
 目標としていた圧力容器直下の撮影や空間線量の測定はできず、同日午後に調査を打ち切った。ロボットはレール上に残し、回収しない。走行用ベルトが動かなくなったのは、堆積物の破片が挟まったことが原因として考えられるという。
 サソリ型ロボットは照明付きのカメラを前後に備え、溶融燃料の把握に向け、より詳細な情報を得ることが期待されていた。東電原子力・立地本部の岡村祐一本部長代理は「多角的な情報が得られており、失敗とは考えていない」と説明。圧力容器直下には入れなかったものの、今年夏に予定する溶融燃料取り出し方針決定に向け「ヒントは得られた」と述べた。
 ロボット投入に先立ち、東電は1月下旬〜2月上旬、カメラ付きのパイプを圧力容器真下に挿入するなどして事前調査を実施。作業用足場に堆積物がこびり付き、複数の穴が開いた状況を確認した。

[サソリ型ロボット]国際廃炉研究開発機構や東芝が開発した自走式の変形ロボット。前部と後部にカメラがあり、線量計や温度計を搭載し、累積千シーベルトまでの放射線に耐えられる。東京電力福島第1原発2号機の原子炉格納容器の内部を調査し、溶け落ちた核燃料の所在などを確認するのが狙い。格納容器の壁の貫通部(直径約11センチ)から投入する際は長さ約60センチ、高さ約9センチの棒状で、調査場所によっては遠隔操作でサソリのように尾の部分を持ち上げ、撮影角度を変えられる。


関連ページ: 福島 社会

2017年02月17日金曜日


先頭に戻る