広域のニュース

山形−仙台空港高速バスを認可

 東北運輸局は16日、山交バス(山形市)と宮城交通(仙台市)が申請したJR山形駅と仙台空港を直結する高速バスの共同運行を認可した。運行開始は4月21日。
 山形自動車道と東北自動車道を経由する。所要時間は約1時間20分で、1日4往復。料金は片道大人1500円、子ども750円。
 山形県内と仙台空港を結ぶ高速バスは、庄内交通(鶴岡市)が酒田、鶴岡両市からの便を4月1日から1日2往復運行する。


関連ページ: 広域 経済

2017年02月17日金曜日


先頭に戻る