宮城のニュース

<入試のツボ>苦手科目の基礎確認

◎高校受験・直前対策(6)

 公立高入試は後期選抜試験(3月8日)まで3週間足らず。入試の1週間前までは得意科目で確実に得点し、苦手科目の基礎を確認するために使いたい。懸け離れた取り組みに思えるかもしれないが、共通するのは1点でも多く得点することだ。
 得意科目はケアレスミスに気を付けよう。苦手科目は確認すべき内容を書き出してみよう。漠然とした不安を書き出し、一つ一つ解決していくことで自信につながる。
 同時にこの時期は、時間と点数への意識を高めたい。入試本番で時間に追われて焦ることがないよう限られた時間の中で行動することに慣れよう。問題を解くときや学習、休憩のたびに時間を意識してほしい。
 直前の1週間は新しいことを詰め込むより、これまで積み重ねてきたことの復習に徹底する時期だ。
 焦りや緊張が高まって少しでも知識を増やそうと考える受験生もいるだろうが、これまでに覚えた内容を確認する方が効率的で得点につながりやすい。過去の入試問題や基本的な内容の振り返りに集中しよう。(個別教室のアップル・鎌田しおり長町南駅前教室長)


関連ページ: 宮城 社会 入試のツボ

2017年02月18日土曜日


先頭に戻る