青森のニュース

<八戸えんぶり>春を呼ぶ太夫の舞い

一斉摺りで舞を披露する太夫=八戸市中心部

 青森県八戸地方に春の到来を告げる豊作祈願の祭り「八戸えんぶり」が17日、八戸市で開幕した。20日まで。
 市内各地区のえんぶり組が長者山新羅神社に舞を奉納後、市中心部で全32組による「一斉摺(ず)り」を披露した。烏帽子(えぼし)をかぶった太夫の力強さや、子どもたちの愛らしい祝福芸に沿道から歓声が上がった。
 期間中は市役所前市民広場で「えんぶり一般公開」(19、20日の午後1、2時)や「かがり火えんぶり」(18〜20日の午後6時以降)が楽しめる。連絡先は八戸観光コンベンション協会0178(41)1661。


関連ページ: 青森 社会

2017年02月18日土曜日


先頭に戻る