福島のニュース

<南相馬中2自殺>市教委 全小中いじめ調査

 福島県南相馬市の市立中2年の女子生徒(14)が自殺したことを受け、市教委は17日、臨時の校長会を開き、来週中にも市内の小中学校の全児童生徒を対象に、いじめなどに関する緊急のアンケートを実施することを決めた。
 アンケートは全21校が各校で作成して実施。いじめの有無など実態を把握する。今回の問題などについて説明するため、週明けの20日に全校集会を開くことも各校に指示した。
 校長会では冒頭、出席者が亡くなった女子生徒に黙とうをささげた。阿部貞康教育長は「二度と同じことがないよう目に見える取り組みを進めたい」と述べた。
 女子生徒は今月11日夜、自宅で自殺しているのが見つかった。学校に対して繰り返し、いじめ被害を訴えていた。市教委は今月中にも、原因の特定や再発防止に向けて第三者委員会を設置する方針。


関連ページ: 福島 社会 いじめ自殺

2017年02月18日土曜日


先頭に戻る