宮城のニュース

<わたしの道しるべ>仙六の感動を地域に

石坂利里香さん

◎大学生 石坂利里香さん(21)=仙台市泉区

 春と秋にリーグ戦を開催する仙台六大学野球連盟の運営委員をしています。土日曜を中心に毎週試合があるリーグ戦期間中は、他の運営委員の学生たちと分担して入場券、パンフレットの販売、場内アナウンスや公式記録を担当します。
 東北はスポーツが盛んで、プロ野球やバスケットボール男子のBリーグなど、プロスポーツへの関心も高いと感じます。東北楽天は球場に観覧車やメリーゴーラウンドを整備して野球以外でも楽しめるものを提供し、観客動員を増やしていると聞きます。
 仙台商高硬式野球部のマネジャーを務めた時、仙台六大学野球連盟の仕事に興味を持ち、東北福祉大に進みました。4月に春季リーグが開幕します。アマ野球はまだまだ注目度が低いのが実情。たくさんの方に球場に足を運んでいただけるようリーグをアピールしたいと考えています。
 スポーツには地域を巻き込み、広く感動を与える力があると思います。生まれ育った地域が、スポーツを通してより盛り上がっていくことを願っています。


関連ページ: 宮城 社会

2017年02月19日日曜日


先頭に戻る