宮城のニュース

<雨水>春の香り 梅が見頃

春らしい日差しの下、見頃を迎えた梅の花=18日午前10時20分ごろ、仙台市若林区荒井の市農業園芸センター

 18日は二十四節気の一つ「雨水」。雪が雨に変わって氷が解け、草木が芽生える時季とされる。県内は冬型の気圧配置の影響で、内陸部などで早朝から冷え込み、最大風速約10メートルの強い風が吹いたものの、日中は穏やかな日差しに恵まれた。
 仙台管区気象台によると、18日の最低気温は栗原市駒ノ湯で氷点下5.0度、登米市米山で氷点下3.0度、仙台で1.3度。仙台の最高気温は6.2度で、ほぼ平年並みだった。
 仙台市若林区の市農業園芸センターでは、暖かな陽光を受けたピンク色の梅が見頃を迎え、近づく春の訪れを告げていた。
 気象台によると、19日の県内は冬型の気圧配置が徐々に緩むが、寒気や気圧の谷の影響で山沿いを中心に雪の降る場所もある見込み。


関連ページ: 宮城 社会

2017年02月19日日曜日


先頭に戻る