宮城のニュース

<楽天>練習試合でKIAに快勝

東北楽天―KIA 3回1失点と好投を見せた則本=沖縄県金武町

 東北楽天は18日、沖縄本島の練習拠点、金武町ベースボールスタジアムで韓国プロ野球KIAと対戦し、8−2で勝った。
 打線は一回1死三塁から枡田の中前打で同点とし、四、五回に1点ずつ追加。3−2の六回は2死満塁からウィーラーの本塁打で一気に4得点した。
 共にワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表の則本は先発して3回1失点、2番手の松井裕は1回無失点だった。ドラフト4位新人の菅原(大体大)は実戦初登板で1回無失点と好投した。
 同じくWBC日本代表で、下半身の張りのため別メニュー調整を続けている嶋は、グラウンド状況不良のため大事を取り、この日の全体練習復帰を見送った。

KIA 100001000=2
東北楽天10011401×=8
(東)則本、松井裕、西宮、菅原、大塚、浜矢−足立、伊志嶺
(本)ウィーラー

☆イヌワシろっかーるーむ
<三好匠内野手(先頭打者の六回に安打で出塁、二盗。その後のウィーラーの満塁弾をお膳立て)>
 「3−2だし、追加点が欲しかった。一走としては大きいリードをして次の塁を狙う意識が二盗につながったと思う」
<島井寛仁外野手(四回から途中出場し、左右両打席で1安打を放つ)>
 「初球から積極的に狙い、甘いところをミスショットしないで打てた」

☆梨田の話ダ
◇いい状態で送り出せる 
 「則本は3回を投げたし、松井(裕)もゼロに抑えた。大きな故障もなく、順調にきた。いい状態で(WBCに)送り出せる」(練習試合に投げたWBC日本代表の両投手について)


2017年02月19日日曜日


先頭に戻る