青森のニュース

大阪で自転車盗み青森まで900km 少年逮捕

 大阪府守口市で競技用自転車「ロードバイク」を盗んだとして、五所川原署は17日、盗みの疑いで、無職の少年(18)を逮捕した。同署によると、少年はロードバイクを使うなどして青森県鶴田町までの約900キロを移動したとみられるという。
 逮捕容疑は昨年12月中旬ごろ、守口市の飲食店駐輪場で、大阪市の男子高校生(15)のロードバイク(1万円相当)を盗んだ疑い。
 同署によると、少年は昨年9月に家出をし、横浜市の家族が行方不明の届けを出していた。今月17日午後6時ごろ、鶴田町の道の駅に長時間滞在しているのを不審に思った従業員が同署に通報した。逮捕時の所持金は数円で、「3日間ぐらい何も食べていない」と話しているという。


関連ページ: 青森 社会

2017年02月19日日曜日


先頭に戻る