福島のニュース

川俣町長選あす告示 福島

 前町長の辞職に伴う福島県川俣町長選は21日、告示される。新人4人が立候補を表明し、高齢者支援や教育の充実などを公約に掲げている。東京電力福島第1原発事故の影響が残る町の復興と活性化を担うリーダーを選ぶ選挙となる。
 4人はいずれも無所属で、元県議の佐藤金正氏(68)、元町議の高橋道弘氏(64)、不動産業の半沢清義氏(73)、元町収入役の藤原一二(いちじ)氏(70)。
 同町では山木屋地区が原発事故に伴う避難区域となっており、3月31日の避難指示解除が決まっている。前町長の古川道郎氏(72)は今月6日、体調不良を理由に、4期目途中で辞職した。
 投開票は26日。昨年12月1日現在の有権者は1万2459人。町議補選(欠員1)も同じ日程で行われる。


関連ページ: 福島 政治・行政

2017年02月20日月曜日


先頭に戻る