宮城のニュース

<津波被災>蒲生と荒浜の海岸公園再開へ

東日本大震災で被災し、使用不能となっていた仙台市宮城野区蒲生の海岸公園野球場。6面のうち2面の復旧工事が終わった=2016年10月30日

 仙台市は東日本大震災の津波で被災し、がれき置き場となった宮城野区蒲生地区と若林区荒浜地区の海岸公園内の施設を4〜7月に順次、全面再開させる方針を決めた。
 4月再開は蒲生地区のテニスコート10面とクラブハウス、荒浜地区の運動広場1面とセンターハウス。蒲生地区の社会人用野球場4面と荒浜地区のパークゴルフ場(14ホール)は、芝の育成に時間がかかるため7月からの利用となる。
 2地区の海岸公園は、昨年10月に一部が利用可能になった。同様に被災した若林区井土地区の海岸公園は2017年度末に再整備が完了する。


2017年02月21日火曜日


先頭に戻る