宮城のニュース

<内陸地震>荒砥沢崩落地 活用策を探る

岩手・宮城内陸地震でできた荒砥沢崩落地。茶色い山肌が見える崖の上が冠頭部で、左下が荒砥沢ダム。国内最大級の地滑りは、植生の回復や治山工事により発災当時の荒々しさは姿を消しつつある。崩落地内には現在、工事用道路が通る。崩落地からダムに土砂が流入しないよう土留め工事や、くい打ち工事が行われた=2016年6月3日、宮城県栗原市

 岩手・宮城内陸地震(2008年)で、宮城県栗原市の栗駒山麓に発生した国内最大規模の地滑り「荒砥沢崩落地」を防災教育に活用するため市は20日、有識者らによる検討委員会の第1回会議を市役所で開いた。4月までに崩落地周辺の立ち入りなどに関する安全基準を決める方針。
 委員は研究機関や東北森林管理局など行政機関の担当者ら12人で、第1回会議では委員長に東北学院大の宮城豊彦教授(地形学)を選任。活用可能区域の特定や崩落地内などへの立ち入りに関する安全基準、市のフィールド整備に対する考え方などについて検討することも決めた。
 宮城教授によると、地滑り地形は国内に40万カ所以上あるが、荒砥沢崩落地のように規模が大きくて分かりやすく、土地が安定している場所は他にない。宮城教授は「安全確保をベースにした利活用について検討していく」と述べた。
 荒砥沢崩落地は長さ約1300メートル、幅約900メートル。崩落地内に「移動体」と呼ばれる約500メートル四方の横滑りした山塊がある。崩落地を一望する崖の上の「冠頭部」と移動体内は、土地が安定して危険性が少ないとされ、市はさらに安全性を確保して多くの見学者に対応したい考えだ。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2017年02月21日火曜日


先頭に戻る