岩手のニュース

<マルカン大食堂>復活「これこれ、この味」

<名物>10段ソフトクリームを楽しむ花巻市の自営業上田恵さん(35)と次男結心(ゆうしん)ちゃん(6)。恵さんは「食堂には思い出がいっぱい。変わらない味がうれしい」と笑顔を見せた

 昨年6月に閉店した岩手県花巻市の老舗デパート「マルカン百貨店」が20日、「マルカンビル」として営業を再開した。レトロな雰囲気で人気のあった6階大食堂には大勢の客が訪れ、高さ約25センチの10段ソフトクリームなど変わらない味を楽しんだ。
 雪が降る中、8階建てのビルの前には午前6時ごろから100人以上が列を作った。午前11時40分のセレモニーで開店。運営を引き継いだ同市のまちづくり会社「上町家守(やもり)舎」の小友康広代表(34)が「これから10年20年、一緒にこの場所を育て、守れるように協力をお願いします」とあいさつした。
 1階フロアも雑貨を扱うセレクトショップなどが入り、新装オープンした。
 家族で訪れた花巻市の無職飯島良子さん(65)は「花巻の中心だったマルカンが閉店して、明かりが消えたようだった。再開を待っていた」と喜んでいた。
 大食堂の営業時間は午前11時〜午後6時半、1階が午前9時〜午後6時半。いずれも水曜日定休。


関連ページ: 岩手 経済

2017年02月21日火曜日


先頭に戻る