秋田のニュース

<アキュム>奥羽線と男鹿線 3月4日GO

JR奥羽線で試運転中の新型蓄電池電車=大仙市

 JR東日本秋田支社は、奥羽線秋田−男鹿線男鹿間に導入する新型蓄電池電車「ACCUM(アキュム)」の運行開始日を3月4日と決めた。1日2往復運転する。今月25日にはJR秋田駅で一般向けの車両展示会を開く。
 新型車両は2両編成で、なまはげにちなんだ赤と青の車両を連結する。青の車両にバッテリーを積み、電化区間の奥羽線を走行中や、充電設備のある男鹿駅で停止中に充電。非電化区間の男鹿線はバッテリーの電力で走る。
 新型車両を使うのは、秋田午前8時43分発、午後1時39分発と、男鹿午前10時24分発、午後3時38分発の普通列車。検査などで運行できない際は従来のディーゼル車が代走する。
 車両展示会は25日正午〜午後2時半。予約不要。秋田駅の入場券(中学生以上140円、小学生以下70円)か乗車券が必要。


関連ページ: 秋田 経済

2017年02月21日火曜日


先頭に戻る