秋田のニュース

スキー授業で中1死亡 遺族が市に賠償請求

 2014年2月、秋田県鹿角市十和田中1年の男子生徒=当時(12)=がスキーの授業中に事故で死亡したのは学校側が安全配慮義務を怠ったためだとして、生徒の40代の母親が20日までに、市に約3700万円の損害賠償を求める訴えを秋田地裁大館支部に起こした。
 訴状によると、生徒は14年2月28日午後1時50分ごろ、鹿角市花輪の花輪スキー場で、中級−上級者向けのコースを滑走中、バランスを崩してコース外の立ち木に衝突、頭を強く打って死亡した。
 原告は、転倒の多かった生徒が実力に見合わないコースを滑り続けたのは、学校側が生徒のスキー技術を適切に把握していなかったからだと指摘。ヘルメットも着用させておらず、注意義務を怠ったなどと主張している。
 市は過失はなかったとして、請求棄却を求める方針。


関連ページ: 秋田 社会

2017年02月21日火曜日


先頭に戻る