宮城のニュース

フィギュア記念碑 荒川と羽生参加し除幕へ

荒川静香さん
羽生結弦さん

 仙台市などは4月16日、日本のフィギュアスケート発祥の地とされる青葉区の五色沼をPRし、ともに市出身で冬季五輪フィギュアスケート金メダリストの荒川静香さん(35)=宮城・東北高−早大出=と羽生結弦さん(22)=ANA、東北高出=の偉業をたたえるモニュメントの設置記念イベントを開く。3月1日から参加者を募集する。
 イベントは午後2時半〜3時半、五色沼近くの仙台国際センターで開催。荒川さんと羽生さんのトークショーなどがある。イベント前にモニュメントの除幕式が市地下鉄東西線国際センター駅出入り口で開かれるが、一般参加はできない。
 五色沼は明治末期、旧制二高(現東北大)の学生らがドイツ人教師にフィギュアスケートの基本を教わった場所とされる。市民向けのリンクや全国大会の会場にも使われたが、戦後は氷が薄くなり、スケートができなくなった。
 イベントの募集定員は800人。往復はがきに住所、電話番号、氏名(2人まで)を記し、市スポーツ振興事業団に郵送する。3月21日必着で、応募者多数の場合は抽選となる。連絡先は同事業団022(215)3209。


関連ページ: 宮城 スポーツ

2017年02月22日水曜日


先頭に戻る