宮城のニュース

<ベガルタ>クリスラン 回復アピール

 午前のみの練習が約2時間行われ、体力強化や攻撃練習に時間を割いた。負傷離脱中のFWクリスラン、MF金久保は、別メニューで調整。18日の非公開練習(対戦相手非公表)で右膝を負傷したMF中野は、仙台に戻り治療に専念した。
 右大腿(だいたい)直筋肉離れでリハビリ中のブラジル人FWクリスランが、全体練習に一部合流した。サーキットトレーニングで全力疾走するなど、完全復帰が近いことを示した。
 居残りでセットプレーの練習にも取り組んだ。「順調に回復している。開幕戦にも出たいが、最大限のパワーを出せるのは2試合目」と話し、3月4日の第2節アウェー磐田戦の出場に意欲を燃やした。
 キャンプ中の5試合の練習試合は不出場だが、全て映像で見て戦術を分析している。「チームの戦い方は理解している。攻守のバランスに注意してプレーしたい」と力強く話した。(21日、晴れ、正午の気温11度)


2017年02月22日水曜日


先頭に戻る