宮城のニュース

天井に星座輝く 児童発想の住みたい部屋

実物大に再現された高橋君の作品

 小学生が住んでみたい部屋を自由に描く「第14回こんな部屋いいな絵画コンテスト」の展示会が、仙台市青葉区の東北電力グリーンプラザで開かれている。インテリア産業協会東北支部などの主催。26日まで。
 県内の74校から応募があった1568点のうち、入賞、入選作品計1005点を展示。海や恐竜、お菓子などをイメージした個性あふれる作品が並んだ。
 最高賞のインテリア産業協会会長賞を受賞したのは、同市芦口小3年の高橋心瑛(しえい)君(9)の作品。星座を描いた天井など空がテーマで、会場に実物大の部屋が再現された。
 泉区の会社役員星欣一さん(87)は「子どもたちの柔軟な発想力に驚いた。純粋な気持ちが伝わってくる」と話した。
 午前10時〜午後6時(26日は午後3時半)。入場無料。25日に青葉区のアイリス青葉ビルで表彰式がある。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2017年02月23日木曜日


先頭に戻る