秋田のニュース

秋田犬キャラ 春の観光PR

秋田犬の写真を印刷した大型観光キャンペーンのポスター

 秋田県とJR東日本秋田支社は21日、4〜6月に行う「春の大型観光キャンペーン」の概要を発表した。秋田犬をシンボルキャラクターに据え、「さく、さく、あきた」のキャッチフレーズで花見や新緑の季節の観光をPRする。
 最寄り駅下車後の交通手段「二次アクセス」の充実に向け、各市町村やJRが周遊バスや貸し切りタクシーを運行する。駅を起点に地域を歩く「駅からハイキング」は常設12コースと、地元ガイドが案内する催し2コースを設定する。
 県はA4判、48ページのガイドブックを30万部印刷し、仙台圏や首都圏のJR各駅と旅行会社、県内の観光施設で配布する。
 JR東日本の菊地正秋田支社長は「2013年の秋田デスティネーションキャンペーンで発掘した観光資源やもてなしの心を発展させ、地域活性化に寄与するよう取り組みたい」と述べた。


関連ページ: 秋田 社会

2017年02月22日水曜日


先頭に戻る