宮城のニュース

<ホワイトリボン>女性の現状走って発信

 国際女性デー(3月8日)に合わせたチャリティーランニング大会「ホワイトリボンラン2017仙台バーチャル拠点」が3月4日、仙台市青葉区の仙台国際センター周辺コースであり、参加者を募集している。
 東京の公益財団法人「ジョイセフ」の主催。妊娠や出産、中絶が原因で命を落とす女性の現状を伝えるため、参加者はオリジナルTシャツを着て3、5、8キロのコースを選んで走り、会員制交流サイト(SNS)で発信する。
 午後3時開始で、定員30人。参加費2500円。全額を途上国の女性支援に寄付する。申し込みは事務局の「ママとシネマ実行委員会」の公式サイトで。連絡先は同実行委のメールアドレスmamatocinema@gmail.com


関連ページ: 宮城 社会

2017年02月23日木曜日


先頭に戻る