宮城のニュース

<とうほく蘭展>グランプリにいわき洋蘭園 

グランプリを受賞したいわき洋蘭園の作品

 蘭(らん)やバラが華やかに共演する「とうほく蘭展&バラとガーデンフェスタ2017」(河北新報社、NHK仙台放送局など主催)が23日、仙台市宮城野区の夢メッセみやぎで始まる。

 22日は会場で出展作品の審査が行われた。蘭個別株部門は応募732点の中から、いわき洋蘭園(いわき市)の「デンドロビューム スペクタビレ『カッサイ』」が最優秀の河北賞に選ばれ、蘭展全体のグランプリにも輝いた。
 23回目となる今年の蘭展は、洋蘭大型ディスプレーに全長10メートルの昇り竜が登場し、迫力満点で来場者を出迎える。メインガーデンでは、鈴の形をした小さな青い花「ブルーベル」が幻想の世界へといざなう。
 ユニークな色や形が人気の多肉植物や、樹齢350年以上というオリーブの古木など希少な輸入植物の特別展示もある。
 27日まで。午前9時半〜午後5時(入場は午後4時15分まで)。入場料1500円。小学生以下は無料。連絡先は会場事務局022(254)7109。


関連ページ: 宮城 社会

2017年02月23日木曜日


先頭に戻る