岩手のニュース

「猫ノ図書館」開設 初代ねこ館長利用者招く

猫ノ図書館開設に合わせ、ねこ館長に就任したむぎ

 岩手県奥州市胆沢図書館は22日、ネコ関連の本を集めた常設コーナー「猫ノ図書館」を開設した。初代「ねこ館長」には、同市江刺区の会社員菊池綾子さん(36)が飼っている「むぎ」(ブリティッシュ・ショートヘアー、雄1歳)が就任した。
 コーナーは写真集、小説、エッセー、漫画などの蔵書約600冊をそろえた。3月末までネコの写真パネル展が開かれている。
 開設に合わせて公募したねこ館長は、市内39匹から利用者投票で選ばれた。任期は1年。館内勤務はなく、図書館だよりや今後開設する会員制交流サイト(SNS)の画像で登場する。
 飼い主の菊池さんは「選ばれてびっくりした。みんなから愛される館長になってほしい」と話した。
 猫ノ図書館は、利用拡大の取り組みの一環。胆沢図書館の担当者は「大勢のネコ好きの人に来てもらい、世代を超えて交流を深めてほしい」と期待する。


関連ページ: 岩手 社会

2017年02月23日木曜日


先頭に戻る