宮城のニュース

金管バンド全国最高賞 宮城・広原小16人快挙

賞状とトロフィーを手に猪股町長(右から3人目)に受賞報告した金管バンドの児童ら=24日、加美町役場

 加美町広原小(児童120人)の金管バンドが18日に横浜市であった「第16回マーチングステージ全国大会」で最高賞の講評者特別賞を受賞し、24日、猪股洋文町長に受賞を報告した。
 バンドのメンバー16人のうち6年生4人が町役場を訪れた。塩田佳代さん(12)は「緊張したが、心一つにして楽しく演奏できた」と報告。猪股町長は「たった16人での受賞を誇りに思う。皆さんの活躍が、町が進める音楽のまちづくりを全国に発信してくれた」とたたえた。
 全国大会では「ボーイズ・ビート」というタイトルでパフォーマンスを披露。「YMCA」「ヘイ・ジュード」などを演奏した。
 大会には42団体が参加し、講評者特別賞を受賞したのは9団体。このうち小学生のバンドは広原小を含め3団体だった。
 指導した小野ほたる教諭(24)は「練習通りの力を発揮し、普段の演奏をしてくれたのが良かった」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2017年02月25日土曜日


先頭に戻る