宮城のニュース

<楽天>ヤクルトに敗れる

ヤクルト―東北楽天 1回を無得点に抑える好投を見せた2番手のハーマン

 東北楽天は23日、沖縄県浦添市の浦添市民球場でヤクルトと練習試合をした。点差に関係なく九回裏まで実施するルールで行い、1−3で敗れた。
 新加入右腕のハーマンが実戦初登板し、三回の1イニングを三者凡退と好投した。釜田佳直も初実戦で先発し、2回を1失点とまずまずの内容。テスト生から入団した前DeNAの久保裕也は1回無失点だった。
 1軍は24日に沖縄本島を離れて高知市に移動。25日は高知市の県立春野総合運動公園野球場で西武と練習試合をする。

東北楽天000000001=1
ヤクルト100010001=3
(東)釜田、ハーマン、西宮、久保、高梨、森原−足立
(ヤ)オーレンドルフ、ブキャナン、山中、村中、ギルメット、ルーキ−中村、西田
(本)雄平(ヤ)

☆イヌワシろっかーるーむ
<三好匠内野手(九回の二塁の守備で、一、二塁間を抜けそうな打球を好捕)>
 「打ててなかったので守備でアピールしようと思った。当たり前のプレーをきちんとしたい。あとは打つ方も頑張ります」

☆梨田の話ダ
<雄平はすごい>
 「雄平は外国人選手並みの打力。日本人の選手と思っては駄目。あんな強烈な当たり。風も吹いていたけど、逆方向にあんな当たりを打たれたらね」(一回に釜田の直球を左中間本塁打したヤクルト・雄平の打撃に感嘆)


2017年02月24日金曜日


先頭に戻る