福島のニュース

<内村航平>「復興応援大使」福島県庁を訪問

福島県職員と記念撮影する内村選手(中央)

 復興庁の「復興応援大使」に就任したリオデジャネイロ五輪男子体操金メダリストの内村航平選手(28)が23日、福島県庁を訪れ、東京電力福島第1原発事故からの復興に取り組む職員らを激励した。
 内村選手は1月に大使に就任。今回が初仕事で、約80人の職員を前に「福島のいいところを知って紹介していきたい。福島に来てくれる人を増やす」と述べ、記念撮影に応じた。
 内堀雅雄知事との懇談では、復興庁が作った福島の観光PRポスターにサイン。知事からは会津若松市産のイチゴ「さちのか」を贈られた。
 内村選手は取材に「演技を通じて勇気と感動を伝えたい」と強調。今後は大使の活動として「被災した場所に行きたい」と語り、被災地の現状を確かめたい意向を示した。


関連ページ: 福島 社会

2017年02月24日金曜日


先頭に戻る