広域のニュース

<16年産米>食味「特A」に東北10銘柄

2016年産 東北の特A銘柄米

 日本穀物検定協会が23日発表した2016年産米の食味ランキングによると、5段階評価で最上級の「特A」が青森(津軽)産「青天の霹靂(へきれき)」など44銘柄となり、15年産(46銘柄)に次ぐ過去2番目の多さだった。次点の「A」は79銘柄に上り、特AとAが全体に占める比率は87%で過去最高。協会の担当者は「各地で新品種の開発努力を続けてきた成果だ」と話している。
 産地・品種ごとに区分した全国(東京都、大阪府、沖縄県を除く)の141銘柄を味、粘りなど6項目で評価した。初めて特Aを獲得したのは岩手(県中)産ひとめぼれ、福岡産夢つくしなど計11銘柄。
 東北では、岩手(県中)産ひとめぼれのほか、福島(浜通)産コシヒカリが特Aに評価を上げる一方、特Aだった宮城産ひとめぼれや山形産はえぬきなどがAと評価された。特Aの銘柄数は10で、前年産より2銘柄減った。青森産の青天の霹靂は、参考品種だった14年産を含め3年連続で特Aを獲得した。
 特Aのコメが初めて生まれた県は神奈川(県央・湘南・県西産はるみ)、岡山(きぬむすめ)、高知(県西産にこまる)の3県で、神奈川の「はるみ」は初登場で特Aに選ばれた。
 有名な新潟県魚沼産コシヒカリは、特Aが設けられた1989年産から続く最高評価を今回も守った。Aに次ぐ「Aダッシュ」は18銘柄、「B」以下はゼロだった。
 コメ消費が減る中、ブランド米を育てる産地間競争は激しくなっている。13銘柄が15年のA以下から特Aに上がった半面、16銘柄が特Aから下がり、最上位の入れ替わりが例年より多かったという。


関連ページ: 広域 経済

2017年02月24日金曜日


先頭に戻る