秋田のニュース

<豪風>春場所の活躍誓う 秋田知事を表敬

春場所での抱負を語る豪風関(右)=秋田県庁

 秋田県北秋田市出身で、大相撲幕内の豪風関(37)が23日、秋田県庁を訪れ、佐竹敬久知事に初場所の成績を報告するとともに、春場所での活躍を誓った。
 豪風関は初場所、東前頭5枚目で10勝5敗の好成績を残した。1年ぶりの2桁勝利だったが、「喜びよりも、三賞を取れなかった悔しさの方が強い」と振り返った。
 3月12日に初日を迎える春場所に向けて「上位勢との取組が増えるが、一日一日を大事にし、自分の力を発揮したい」と述べた。
 佐竹知事は「豪風関の活躍により、県内では相撲に注目が集まっている。子どもたちに夢を与えるためにも、今後の活躍を期待している」とエールを送った。


2017年02月25日土曜日


先頭に戻る