宮城のニュース

<わたしの道しるべ>元気な町の魅力を発信

◎オナガワエフエムパーソナリティー 阿部真知子さん(34)=宮城県女川町

 東日本大震災で被災した宮城県女川町の臨時災害放送局「女川さいがいFM」で、2014年11月に働き始めました。16年3月の閉局後も、活動を継承する一般社団法人オナガワエフエムのパーソナリティーを務めています。
 番組は毎週日曜日にTBCラジオで放送しているほか、全国のコミュニティーFMなどで配信。週1回の放送では伝えきれないリアルタイムの情報は会員制交流サイト(SNS)で毎日発信しています。
 町内の水産業体験施設「あがいんステーション」のスタッフを兼任し、町の名物などを紹介。復興に向かう町の姿や町の面白さを伝え、交流人口を増やしたいですね。関東のリスナーが番組に登場した町民に会い来たこともあります。
 震災から間もなく6年。「被災地だから来て」と人を呼び込むのはそろそろ終わり。女川は震災で多くのものが失われたけれど、おいしいもの、元気ならいっぱいある。何度も足を運びたくなる町を目指し、魅力を伝えていきます。


関連ページ: 宮城 社会

2017年02月26日日曜日


先頭に戻る