宮城のニュース

<楽天>練習試合 西武に9−7

西武―東北楽天 6回東北楽天2死一、二塁から中前適時打を放った田中(右)。左は森山周一塁コーチ

 東北楽天は25日、高知市の県立春野総合運動公園野球場で西武と練習試合を行い、9−7で勝った。
 1−1の六回、打者11人を送り込む猛攻で一挙6点を勝ち越し。新人田中(立大)が1盗塁とダメ押しの中前適時打をマークし、存在感を示した。投手陣は先発森が5回1失点と好投。八回にマウンドに上がった実戦初登板の新人池田(創価大)は1回4失点と苦いデビュー戦となった。
 26日も同球場で西武と練習試合をする。

東北楽天001006200=9
西  武000101140=7
(東)森、菊池、池田、浜矢−伊志嶺、足立
(西)本田、高橋光、佐野、平井、田村、野田、武隈−炭谷、中田


2017年02月26日日曜日


先頭に戻る