青森のニュース

弘前大で出題ミス 英語、採点影響なし

 弘前大は25日、同日の一般入試前期日程の「英語」で出題ミスがあったと発表した。空欄に当てはまる適切な英文を書かせる問題で、文末のピリオドが脱落した設問があった。採点には影響がない。
 同大によると、受験者の指摘でミスが分かった。試験は、英語が必須の人文社会科学部、医学部医学科、同保健学科と、選択制の教育学部で計1166人が受験した。


関連ページ: 青森 社会

2017年02月26日日曜日


先頭に戻る