福島のニュース

<富岡町長選>現職宮本氏 出馬を表明

宮本 皓一氏

 東京電力福島第1原発事故で全町避難する福島県富岡町の宮本皓一町長(70)は25日、いわき市であった後援会の会合で、任期満了(8月5日)に伴う町長選に再選を目指し無所属で立候補することを表明した。新人で元町議の山本育男氏(58)が出馬の意思を示しており、選挙戦となる見通し。
 同町は帰還困難区域を除き4月1日に避難指示が解除される。宮本氏は基幹産業の農業再生や雇用創出といった課題を挙げ、「やっと4月にスタートラインに並ぶ状況になった。新しい富岡町をつくっていくという強い気持ちで、再び町のリーダーとしてやっていきたい」と述べた。
 宮本氏は同町出身、小高農高卒。町議4期目途中の2013年の町長選で初当選した。


関連ページ: 福島 政治・行政

2017年02月26日日曜日


先頭に戻る