宮城のニュース

津波被災地20km 復興の息吹確かめて

 東日本大震災の津波被災地を歩く「チャリティーウォーク2017」が3月18日、宮城県名取市沿岸部で開かれる。津波の傷痕やインフラ再建の現状を見て回り、震災から6年が経過した復興の息吹を感じてもらおうと、主催者は参加者を募集している。
 コースは仙台空港近くの駐車場跡地を発着点に、主に名取市閖上地区を回る約20キロ。慰霊碑や震災伝承施設「閖上の記憶」、ゆりあげ港朝市「メイプル館」も訪ね、語り部の被災体験を聞くことができる。
 県内の青年会議所OBらでつくる実行委員会が2013年10月に始め、今年で4回目。過去の大会には声優の山寺宏一さん(塩釜市出身)も参加した。
 実行委員長を務める仙台市泉区の会社社長高橋亘さん(53)は「犠牲になった名取の友人を弔う思いで始めた。かさ上げ工事や防潮堤建設が進む一方、復興が遅れている地域もある。現状を見て、希望の芽も知ってもらえれば」と話す。
 参加費は1000円。収益は復興事業や支援活動に取り組む団体への義援金にする。小学生以下は無料だが、保護者の同伴が必要。
 参加申し込みは10日までに「東日本大震災復興支援チャリティーウォーク2017」のホームページからかファクスで。先着500人で締め切る。
 連絡先は実行委事務局022(706)8195。


関連ページ: 宮城 社会

2017年02月27日月曜日


先頭に戻る