宮城のニュース

<NPOの杜>自主夜間中学学ぶ喜び

 家庭の事情や病気などの理由で義務教育を十分に受けることができなかった人の中には、「基礎的な学習が不十分なので学び直したい」という熱い思いを持っている人たちがいます。その思いに応えて2014年11月、「仙台自主夜間中学」が開講しました。
 運営しているのは「仙台に夜間中学をつくり育てる会」。昼夜2部制で毎月第1・第3水曜日、元教師のボランティア講師が教えています。年齢を問わず、受講は無料です。
 現在の生徒は約40人。20代から80代と年代はさまざまです。生徒たちからは「読書ができるようになった」「英語で書かれた看板の意味が分かるようになった」といった声が聞かれ、進学や資格取得にチャレンジする人もいます。
 基礎科目の学び直し以外にも、生徒同士やスタッフとの交流を目的に、七夕、遠足・芋煮会、クリスマス会など季節ごとのイベントも実施しています。
 団体が昨年発行した文集にも、学びや多くの人たちとの交流で得られた喜びが数多くつづられています。
 講師の確保が課題ですが、要望に応えて、新年度からは毎月第2・第4金曜の夜間にも授業を行う予定です。
(認定NPO法人杜の伝言板ゆるる 後藤和広)


関連ページ: 宮城 社会 NPOの杜

2017年02月27日月曜日


先頭に戻る