宮城のニュース

ヱヴァ手掛けたアニメ制作会社 仙台進出

立地表明書を奥山市長(右)に手渡す小石川社長

 映画「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」や「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」のCGアニメーションを制作したサブリメイション(東京)は27日、仙台市中心部に4月、スタジオを新設すると表明した。小石川淳社長が市役所で奥山恵美子市長に立地表明書を手渡した。アニメ制作会社が仙台市に進出するのは初めて。
 新年度は10人程度で業務を始め、5年後に地元採用で50人体制を目指す。当面は東京で受注した業務を分担するが、将来的には仙台で企画したアニメの制作も視野に入れる。
 小石川社長は気仙沼市出身で東北工大卒。「専門学校や大学と連携し、アニメ制作を学んだ学生が即戦力として働けるようにしたい」と強調。奥山市長は「仙台発の新たなアニメを期待している」と話した。


関連ページ: 宮城 経済

2017年02月28日火曜日


先頭に戻る