宮城のニュース

<楽天>岸 3月2日西武戦で初の実戦登板

実戦を想定してけん制球を投げる練習をする東北楽天・岸

 東北楽天の開幕投手に指名されている岸孝之が、3月2日の西武との練習試合(宮崎市)に先発することになった。27日に与田剛投手コーチが明らかにした。岸は今季初の実戦登板となり、2回を投げる予定。
 同日、宮崎市のアイビースタジアムで練習した岸は「久しぶりの試合なので雰囲気を味わえたらと思う。投げるからには打たれたくないが、反省点や修正点が見つかるのならいい」と語った。
 ブルペンでは実戦を想定し、セットポジション主体で48球を投げた。古巣との対戦には「楽しみ。でも特に意識はしていない」と話した。開幕に向けての調整は例年通りと言い「移籍1年目で(開幕投手を)任されるのは光栄。開幕まで無事にいきたい」と気持ちを新たにした。
 東北楽天は28日、同球場でソフトバンクと練習試合を行う。


2017年02月28日火曜日


先頭に戻る