宮城のニュース

ウグイス飾り 春を呼ぶ

春の訪れを感じさせるウグイスの飾り

 登米市米山町の「道の駅米山」で、「オリジナルつるし雛(びな)」が展示されている。5日まで。
 「米山町つるし飾り愛好会」の女性9人が作った約100点が飾られている。米俵やニンジンなど米山産の農産物の形をした飾りや、木登りで遊ぶ子どもたちの人形などが並ぶ。「春を待つウグイス」と題した飾りには、酉(とり)年にちなみウグイスがつるされている。
 実行委員会の吉田たき子委員長は「飾りを見て気持ちを和ませてほしい」と来場を呼び掛ける。入場無料。午前9時半〜午後4時。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2017年03月01日水曜日


先頭に戻る