岩手のニュース

<遠野市長選>現職の本田氏 4選立候補へ

 任期満了(10月22日)に伴う遠野市長選で、現職の本田敏秋氏(69)は27日、4選を目指して無所属で立候補する意向を表明した。
 市長選には、NPO法人理事で新人の多田一彦氏(58)が立候補を表明している。選挙戦になれば、2002年の旧遠野市長選以来、15年ぶりとなる。
 本田氏は市議会3月定例会の一般質問で「市役所の組織再編や第三セクターの経営強化など待ったなしの課題が山積している。市民の負託を受けた上で果敢に挑戦したい」と述べた。
 本田氏は遠野市出身、神奈川大卒。岩手県職員を経て02年に初当選。05年10月の旧宮守村との合併に伴う市長選以降、3回連続で無投票で当選している。


関連ページ: 岩手 政治・行政

2017年02月28日火曜日


先頭に戻る