岩手のニュース

ワカサギ釣りで池転落か 岩手で4人不明

 27日午後4時ごろ、岩手県奥州市江刺区藤里のため池で、ワカサギの氷上釣りをしていた同市水沢区羽田町和田、無職佐藤利男さん(71)と連絡が取れなくなったと家族から119番があった。岩手県警江刺署によると、池の氷に縦7〜8メートルの細長い穴が開いていた。釣りをしていた別の3人とも連絡が取れなくなっており、同署は4人が池に転落した可能性があるとみている。

 佐藤さんの他に行方が分からなくなっているのは、同市水沢区中城、農業高橋勇一さん(73)、同市水沢区前郷、農業佐藤安志さん(73)、同市水沢区神明町、無職千葉萬治さん(88)の3人。
 消防によると、穴の付近の氷上には複数の釣りざおやレジャー用の椅子、氷に穴を開けるドリルなどが残されていた。池の付近には佐藤さんの車のほか、2台の車が止まっていた。
 池の深さは5〜6メートル。氷の厚さは約5センチだった。27日は消防や同署署員約30人が捜索したが手掛かりは見つからなかった。28日は午前6時に捜索を再開する。


関連ページ: 岩手 社会

2017年02月28日火曜日


先頭に戻る