山形のニュース

<NHK記者逮捕>山梨の強姦事件でも逮捕へ

送検のため山形署を出る弦本容疑者=7日

 山形地検は27日、強姦(ごうかん)致傷と住居侵入の罪で、住所不定、NHK山形放送局の元記者で無職弦本(つるもと)康孝容疑者(28)を起訴した。山形県や弦本被告の前任地の山梨県では同被告が関与した疑いのある事件が他にも数件ある。捜査関係者によると、山形の事件の捜査が終わり次第、山梨県警が強姦事件で逮捕する方針。
 同地検によると、「身に覚えがない」と起訴内容を否認しているという。
 起訴状などによると、被告は昨年2月23日午前4時半から午前7時10分までの間、山形市の20代女性方の玄関ドアから侵入し、就寝中の女性に馬乗りになって手で口をふさぎ、「動くな、静かにしろ。おとなしくしていれば殺さない」などと言い、性的暴行を加えて2週間のけがをさせたとされる。
 捜査関係者によると、山形市の現場で採取された遺留物のDNA型が、山梨県内で起きた強姦事件などの現場に残されたものと一致。山形の現場の遺留物は被告のDNA型と一致しているという。
 起訴された事件の数時間前、近くの別の1人暮らしの女性方で、同様の手口の強姦未遂事件があったことも判明し、山形県警が関連を捜査している。
 NHKは16日付で被告を懲戒免職処分にした。


関連ページ: 山形 社会

2017年02月28日火曜日


先頭に戻る