岩手のニュース

<ワカサギ釣り転落死>池の底で4人発見

池に張った氷を割り、行方不明の4人を捜索するダイバー=28日午前9時25分ごろ、奥州市江刺区

 岩手県奥州市江刺区のため池の氷の上でワカサギ釣りをしていた男性4人が池に転落したとみられる事故で、岩手県警と地元消防は28日午前、池の底付近で4人を発見し、死亡を確認した。いずれも外傷はなく、死因は水死だった。
 県警江刺署によると、死亡したのは、同市水沢区羽田町和田、無職佐藤利男さん(71)、同市水沢区中城、農業高橋勇一さん(73)、同市水沢区前郷、農業佐藤安志さん(73)、同市水沢区神明町、無職千葉万治さん(88)の4人。
 関係者によると、高橋さんと佐藤安志さん、千葉さんの3人は市内の機械メーカーの元同僚。高橋さんと千葉さんは同じ車に乗って来たとみられ、池の周辺には車3台があった。4人は釣り仲間だったという。
 同署は4人が池の氷にあった縦7〜8メートルの細長い穴に転落したとみて、28日早朝に50人態勢で捜索を再開。穴には再び氷が張っていたため、ダイバー3人が氷を割って水中を捜索し、深さ約5〜6メートルの穴の底付近で全員を発見した。
 同署によると、佐藤利男さんは27日午前、家族に「ワカサギ釣りに行く」と伝え車で家を出た。家族が夕方、「連絡が取れない」と消防に通報。厚さ5センチほどの池の氷の上には、複数の釣りざおやレジャー用の椅子が残されていた。


関連ページ: 岩手 社会

2017年03月01日水曜日


先頭に戻る