広域のニュース

<震災6年>首長「風化を感じる」90%

 震災の風化に関する問いでは、風化を感じることが「ある」が16人、「多少ある」が22人だった。計38人(90.5%)が風化を感じ取り、懸念する。「あまりない」2人、「ない」が1人だった。
 風化を感じる具体例(自由記述)は、「新聞、テレビなどの震災報道の減少」や「首長が上京した際に感じる街の雰囲気」「全国からのボランティア事業の減少」などが上がった。


2017年03月01日水曜日


先頭に戻る