宮城のニュース

<B1仙台>あすからホーム川崎戦

 バスケットボール男子、B1東地区5位、B1全18チーム中15位(下位4チームは残留プレーオフ出場)の仙台は3、4の両日、仙台市のカメイアリーナ仙台で、昨季NBL王者の川崎(中地区1位)と戦う。1日は同市のHALEOドームで約2時間、練習した。
 仙台は2連勝中で11勝28敗。練習では前線からプレッシャーをかける守備の精度を高めた。実戦メニューで、ホワイトがゴール下でシュートを決めたほか、パスを散らして攻撃のリズムをつくっていた。
 2連勝中の川崎はリーグ最高勝率の33勝6敗。1試合平均84.7得点はリーグトップだ。大黒柱のセンター、ファジーカスが28得点(リーグ1位)、12.2リバウンド(同2位)。フォワードのスパングラーと、日本代表シューターの辻がけがで約1カ月欠場しているが、仙台は両選手の復帰もあるとみて戦術を練る。


2017年03月02日木曜日


先頭に戻る