宮城のニュース

<村田町歴史みらい館>すまし顔ひな人形100点

 村田町歴史みらい館で、江戸時代後期以降のひな人形を紹介する特別展が開かれている。入場無料。4月2日まで。
 いずれも町中心部の商家が所蔵していた江戸後期の享保びなや小さく愛らしい芥子(けし)びななど約100点を展示。商家の女性たちを華やかに彩った打ち掛けやかんざし、手鏡も並ぶ。
 会場の2階では、地元の女性グループ「蔵の町むらたつるし飾りの会」の作品展を開催。町のシンボルの蔵や特産品のソラマメの飾りが来場者の目を引いている。
 開館は午前9時〜午後5時。月曜休館。連絡先は町歴史みらい館0224(83)6822。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2017年03月03日金曜日


先頭に戻る