青森のニュース

<弘前さくらまつり>100年目 初の桟敷席

市民がかつて花見のときに食べていたというガサエビの天ぷらや郷土料理のイカメンチが入る弁当(弘前観光コンベンション協会提供)

 弘前さくらまつり(青森県弘前市)が100年目となるのに合わせ、弘前観光コンベンション協会は4月22日〜5月7日の期間中、会場の弘前公園内に「弘前さくら桟敷」を設け、ちょっとぜいたくなお花見を提案する。京都の川床をイメージし、屋根付きの桟敷席で食事やお茶、津軽三味線の演奏を楽しみながら優雅に桜をめでてもらう。
 弘前さくらまつりは、1918(大正7)年に弘前観桜会として始まり、今年は100年目。会期を通常(4月23日〜5月5日)より3日延長し、来年の100周年に向けたプレイベント事業を展開する。
 「さくら桟敷」は、南内門付近に最大90人が座れる桟敷席を設置する。利用は午前11時、午後1時半、4時、6時半からの1日4回で各2時間。利用客は桜や郷土料理をテーマにした特製弁当と地酒ワンカップが付く「弁当プラン」(5000円)、アップルパイや桜餅などの「喫茶プラン」(2500円)から選ぶ。どの回も20分程度の津軽三味線の生演奏がある。
 3日前までに予約が必要。「津軽まちあるき」予約サイトや電話で受け付ける。連絡先は同協会0172(35)3131。

さくら桟敷のイメージ図。板の床にござが敷かれ、座布団も用意される(弘前観光コンベンション協会提供)

関連ページ: 青森 社会

2017年03月02日木曜日


先頭に戻る