岩手のニュース

<遠野住宅全焼>母屋1階が火元か

焼け跡から4人の遺体が見つかった火災現場=28日午前9時25分ごろ、遠野市松崎町駒木

 岩手県遠野市松崎町駒木2地割の農業太田明さん(81)方で2月28日未明、木造2階の母屋と離れの2棟が全焼し、母屋の焼け跡から4人の遺体が見つかった火災で、遠野署と地元消防が1日に実況見分した結果、複数の暖房器具があった母屋1階から出火した可能性が高いことが分かった。
 離れに住んでいた太田さんの次男(54)は、母屋1階の5部屋には、石油ファンヒーター計4台と豆炭式こたつ1台があったと話しているという。
 同署は、遺体は母屋に住んでいた太田さんと妻の幸子さん(74)、幸子さんの両親の三治さん(95)とキエさん(94)とみて1日に司法解剖を始め、身元と死因の確認を進めている。
 消防によると、遺体はいずれも母屋1階の太田さんの寝室、幸子さんの寝室、三治さんとキエさんの寝室、台所外側の風除室で1人ずつ見つかった。


関連ページ: 岩手 社会

2017年03月02日木曜日


先頭に戻る