福島のニュース

児童ポルノ製造容疑 福島の講師を逮捕

 広島県安佐南署は1日、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、いわき市湘南台、福島県平工業高(いわき市)非常勤講師の佐藤寛記容疑者(25)を逮捕した。
 逮捕容疑は昨年11月29日、インターネットを通じて知り合った広島市内の女子高校生(16)が18歳未満と知りながら裸の写真をスマートフォンで撮影させ、画像を自身のスマホに送信させた疑い。同署によると、容疑を認めているという。
 福島県教委の教員が逮捕されるのは本年度3件目で、いずれもわいせつ事件。1日に記者会見した県教委の大沼博文教育次長は「不祥事根絶に向け綱紀粛正を図っている中での痛恨の極み。県民の信頼を裏切り申し訳ない」と話した。


関連ページ: 福島 社会

2017年03月02日木曜日


先頭に戻る