宮城のニュース

<栗原女性遺体>酌量余地なし 懲役10年求刑

 元交際相手で仙台市出身の白鳥真由さん=当時(16)=に暴行して死亡させ、遺体を栗原市の杉林に遺棄したとして、傷害致死罪などに問われた無職佐藤亮被告(31)=栗原市出身=の裁判員裁判の論告求刑公判が2日、仙台地裁であり、検察側は懲役10年を求刑した。判決は10日に言い渡される。
 検察側は「被告は捜査段階で『暴行を加えて死亡させた』と一貫して犯行を認めていた。死なせた認識がないなら遺体を隠す必要はない。法廷での被告の話はうそで、傷害致死罪は成立する」と論証。「遺体を半年近く野ざらしにした。白骨化し、死因も分からない。16歳の若い命の尊厳が著しく損なわれ、酌量の余地はない」と述べた。
 弁護側は「捜査段階の供述は『殺してしまった』から『死なせた』と不合理に変遷しており、事実とはいえない。傷害致死は無罪だ」とした上で、死体遺棄については「罪を認め深く反省しており、懲役3年が相当だ」と主張した。
 被告は最終意見陳述で「遺体を杉林に遺棄し、白鳥さんの尊厳を冒涜(ぼうとく)したことを深く反省している。死体遺棄に関しては重罰でも構わない」と話した。
 起訴状などによると、被告は2014年12月11日ごろ、東京都杉並区の自宅アパートで白鳥さんに殴る蹴るの暴行を加えて死亡させ、15年3月15日ごろ、空き家になっていた栗原市栗駒文字の実家裏の杉林に遺棄したとされる。


関連ページ: 宮城 社会

2017年03月03日金曜日


先頭に戻る