宮城のニュース

ひな人形ありがとう 成田山仙台分院で供養祭

色鮮やかなひな人形を眺める園児

 仙台市青葉区の成田山仙台分院で3日、ひな人形の供養感謝祭があった。県内の保育園児ら約150人が参加し、子どもの成人などを機に役目を終えた人形に感謝の気持ちを伝えた。
 園児は色鮮やかなひな人形を手に取り、「かわいい」「持って帰りたい」などと歓声を上げた。全員で「うれしいひな祭り」を合唱し、ひなあられが配られると、目を輝かせて喜んだ。
 同分院では12日まで、全国から寄せられたひな人形約1000体を展示。人形への思いをしたためた持ち主の手紙も公開している。午前9時半〜午後5時(火曜日は休み)。入場無料。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2017年03月05日日曜日


先頭に戻る